さがUターンナビのホームページです。佐賀での就職、生活に興味がある方に佐賀の最新情報をお届けします。
ホームホーム 事業所一覧 求人情報一覧 求人情報詳細

求人情報詳細

求人情報

事業所名 東都興業株式会社 九州事業所
この求人の有効期限 2019年 2月 7日まで
求人タイプ ■UJIターン求人  □グローバル求人  □高年齢求人
雇用形態 ■正社員  □契約社員  □パート・アルバイト 
□その他
募集職種 営業の職業
雇用期間 期間設定:無
採用予定数 1人
勤務場所の従業員数 9人
就業場所 東都興業株式会社 九州事業所
交通アクセス JR九州 鳥栖駅より徒歩10分程度
職務内容 ※ 担当地区を持ち販売店を訪問し、製品のアピールを行う
※ ユーザーを訪問し、意見やニーズの調査業務
※ 展示会出展の際の製品説明業務

採用条件

学歴 4年制大学卒以上(必須)
必須免許・資格・経験など 普通自動車運転免許(AT限定も可)
年齢制限の有無・理由 年齢制限:有 (26歳まで)
理由:省令3号のイ
試用期間の有無・日数 有(日数:90日)
就業時間 8:30 ~ 17:30
休憩時間 12:00 ~ 13:00
時間外労働
休日 □月曜  □火曜  □水曜  □木曜  □金曜  ■土曜  ■日曜  ■祝日 
■その他:夏期特別休暇5日、盆休、年末年始
年間休日数 130日

給与関係

賃金形態 ●月給制  ○年俸制  ○日給月給制  ○その他
総支給額[A]+[B] 220000円 ~ 250000円
基本給[A] 155000円
職能手当 [B] 65000円 ~ 95000円
通勤手当 全額
賞与 年3回 5ヶ月分
昇給 昨年実績:5%
退職金 有:2年以上
賃金条件に関する特記事項
試用期間中の賃金条件 試用期間中の賃金条件:無
賃金締切日・支払日 締切日:20日 ・ 支払日:25日
労働条件に関する特記事項 将来的に本社(東京都中央区)、大阪支店(大阪市)、仙台営業所(仙台市)への転勤の可能性があります。転勤に伴う引っ越し費用・家賃補助があります。

応募に関する情報

応募方法 自社ホームページ
ハローワーク
メール
電話 等
提出書類 履歴書【写真添付)
自己PR書または職務経歴書(求人者の責任にて廃棄)
連絡先 東都興業株式会社 本社 総務部 川名または相村
〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-1三井住友海上テプコビル3階
tel:03-3566-0243(総務部直通)
e-mail:soumu@toto-vp.com
または
東都興業株式会社 九州事業所 田中または大山
〒841-0048 佐賀県鳥栖市藤木町若桜1-16
tel:0942-90-1010
e-mail:kyushu@toto-vp.com 

事業所情報


事業所名 東都興業株式会社 九州事業所
事業所名カナ トウトコウギョウカブシキガイシャ キュウシュウジギョウショ
連絡先 〒841-0048
佐賀県鳥栖市 藤木町若桜1-16
TEL:0942-90-1010
FAX:0942-81-1061
URL:http://www.toto-vp.com/
業種 製造業
事業内容 温室・ビニールハウス等の施設園芸用諸資材の製造ならびに販売
創立 昭和39年 資本金 1億円
年商 80億円 従業員数 83人
就業規則の有無
定年制の有無 定年年齢 62歳
継続雇用制度の有無 継続して雇用する最高年齢 最高65歳まで
加入保険 ■健康  ■厚生  ■労災  ■雇用  ■その他:確定拠出年金制度加入
PR欄  施設園芸とは、温室やビニールハウスを用いて農作物の生産を行う農業のことを言います。当社は日本での施設園芸の黎明期より当社独自の特許製品のシート止め材「ビニペット」を開発し、今日まで業績を拡大して参りました。また、当社では常に、どこにも無い、他社にはできない付加価値の高い製品開発を心がけ生産者の皆様に次々と新製品をお届けしてきました。
 平成18年6月にそれまでの営業拠点であった福岡営業所から佐賀県鳥栖市に移転し、同時に九州地区の配送拠点として東都興業株式会社九州配送センターを新設し、東都興業株式会社九州事業所として新たなスタートを切りました。
 当事業所の営業担当地区は山口県から沖縄県で、それぞれ県の担当営業マンが巡回し製品のPR等の活動を行っています。
その他  当社では、どんな小さなことにも、常に問題意識を持ち、何事にもチャレンジし、創意工夫で問題を解決する人材を評価します。「今日は明日の昨日である。」・・・つまり、いま、この瞬間、瞬間にベストを尽くすことが将来に実りをもたらす最も大切なことだと、当社は考えます。何事も成さない人間より、失敗しても行動する人材を求めます。
 当社では、今後も我が国の安定した食料生産を支えるべく、生産者の方々と共に施設園芸のますますの発展に全力を尽くしていきます。当社の創業以来続く「創造と挑戦」を、忘れずに日本と世界の施設園芸の未来を切り拓いてまいります。
ページトップへ