ABOUTさがデザインについて

県政推進上の視点のひとつとして2015年度に誕生した「さがデザイン」は、思想であると同時に仕組みでもあり、その意義は単に「見た目をよくすること」ではありません。プロジェクトに関わる職員や県民一人ひとりの心地よさを大切に、計画段階から各課に寄り添い、共に解決方法を考え、表現やコミュニケーション、実施段階まで含めて、デザイン視点で磨き上げます。大切なのは、事業スキームを通して「コンセプトを大切にする」こと。デザイナーをはじめとした、様々な専門の領域に精通したクリエイターと協働しながら、ひとつひとつの事業を総合的にデザインしていきます。

POLICY3つのポリシー

佐賀ゆかりのクリエイターと
県庁各課をつなぐハブ(拠点)となること。

プロジェクトごとの
コンセプトを大切にすること。

プロジェクトを進める上で、
それぞれの事業スキームを整えること。

ROLEさがデザインの役割

各課が事業を推進していく各段階において、
さがデザインは様々な役割を果たしていきます。

課題設定

課題が正しく抽出され、関係者間で共有できているか。また、どのように解決していくかを担当課と共に議論します。

コンセプト立案

課題解決につながる基本コンセプトを設定します。このコンセプトが事業推進における最も大切な指針となります。

スキーム構築・
運営ディレクション

最適かつ効率的な事業運営をできるよう、外部の専門家に助言を仰ぐなどして事業スキームの構築を支援します。

プロポーザルの審査

事業のコンセプトに提案者の考え方やクリエイティブ、実施体制、実績等が適しているかを判断します。

庁内関係者の調整

最適な実施体制を築くため、庁内部署をまたぐスタッフィングの調整を行います。

クリエイターマッチング

課題を解決するために必要な知見やアドバイスを取り入れるよう、最適な外部クリエイターや専門家をつなぎます。

デザインディレクション

コンセプトとターゲットを念頭に、各種ツールなどの表現物のデザインを検証・ディレクションします。

事業アドバイス

その他事業を進める上で疑問やお困りごとに対して総合的にアドバイスを行います。

MEMBERメンバーについて

江島 宏
Ejima Hiroshi

森岡 貴之
Morioka Takayuki

古賀 彩子
Koga Ayako

田中 美和
Tanaka Miwa

森 貴洋
Mori Takahiro

執務スペースODORIBA

OPEN 月-金
TIME 9:00-17:00

ODORIBAはさがデザインメンバーの執務室であり、クリエイターの皆さんが集う場でもあります。県庁での打合せの前後の時間に作業したり休憩したり。ワークスペースもしっかり備えていますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。