7月13日、佐賀県有明海の川副町地先から鹿島市地先にかけての海域で、Chattonella spp.(細胞密度:1mlあたり 582 細胞)とCeratium fruca (細胞密度:1mlあたり 428 細胞)とCeratium fusus (細胞密度:1mlあたり 580 細胞)とHeterocapsa spp.(細胞密度:1mlあたり 3,580 細胞)による赤潮の発生が確認されました(整理番号:SA-2021-11)。

上記赤潮は、8月16日の調査で着色域が確認されず、細胞数も減少していたことから、終息したものと判断されました。



海況情報トップへ